GMOレンタルサーバーも独自SSL無料化

GMOのレンタルサーバーにも独自SSL無料化の動き

昨年(2017年)、個人汎用向けのレンタルサーバの独自SSL無料化の流れがありました。当時、GMOのレンタルサーバー「iCLUSTA+(アイクラスタプラス)」は、独自SSLの無料サービスは実施していなかった記憶しています。

で、現在確認してみると・・・。

GMO アイクラスタ機能一覧

最安プランの「ミニ」からすべて、「独自SSL:無料」が機能として明記されていますね(2018年7月確認)。

おおっ!ということで詳しくは独自SSL無料の内容を確認してみると。

 

GMO 独自SSL

認証サインの付くグローバールサインのSSL認証を得るのはやはり有料となりますが、アルファSSLを独自SSLとして利用するのは、無料という説明になっています。

 

アルファSSLとは?

そこで、「アルファSSL」何なの?という話になりますが。

アルファSSLは、株式会社トリトンが専門に取り扱うSSLサービスで2007年に誕生。

この株式会社トリトンは、グローバルサインの傘下の会社になっていて、「アルファSSL」は、グローバルサインのセカンドブランドといくことです。

つまり、信頼性のあるグローバルサイン(Groval Sign)の関係の会社のSSLということで、信頼性も問題なさそうということですね。

一応、アルファSSLの公式な能書きは「低価格でハイクオリティなSSLサーバ証明書を提供」ということになっています。

アルファSSLでの保護表示

説明では、ちゃんとこのように緑の保護マークが表示されるようです。

要は、他のレンタルサーバーの無料独自SSLサービスと同様、保護シールは無いけれど、最低限SSLの保護機能は使えますよ、ということですね。

 

 

 

実際に独自SSLを無料利用する流れ

GMOのレンタルサーバーで無料独自SSLを利用するには、利用者側から申請手続きをしなければなりません。GMOのレンタルサーバーのアカウントマネージャーにログインして、ドメインのオプション設定を開きます(【各種手続き】→【サービスに関する手続き】→【オプション申込み】→【対象サービスの選択】)。

GMOアカウント管理画面

 

オプションの追加リストをみてみると、たしかに無料のアルファSSLの設定項目がありますね。

この【アルファSSL】をチェックして、料金計算ボタンを押して次に進みます(料金は当然0円ですが)。

 

 

アルファSSL利用申請

申込の項目を入力して、次のステップへと進みます。

オプション利用の約款などの確認手続きを経て、申し込み手続きが完了します。

 

アルファSSL利用申し込みの完了画面

※申し込みの完了画面

無料利用なので、「今回のお申込みにつきましては、料金が発生いたしません。」とありますね。

手続き完了後の状況もまた追記してみます。

【追記】

数日後に確認しましたが、GMOアカウントマネージャーの「お知らせ」にアルファSSLインストール完了のお知らせが入っていました。

https://~でサイトにアクセスするとプラウザ上部のURL欄に無事緑認証のマークがついていましたね。

アルファSSL認証

鍵マークをクリックすると、こんな画面です。認証局は「GlobalSign nv-sa」となってますね。

なんか、サイトのグレードがあがったような気になります。SSL化による実益も当然ありますけどね。

GMOのCLOUD+サーバーを利用している方はぜひアルファSSLの手続きをしてみてください。
独自SSL付き「GMOクラウド」のレンタルサーバー!詳しくはこちら



 

コメント