IMAPのメール設定をPOPに変更したい!

メールの受信設定IMAPとPOP

 

最近よく増えてきているメールの設定の問題として、IMAPで設定したメールの容量問題というのがあります。

IMAPとPOPの違いは、メール設定の基本知識ですが

POP = メールをPCにダウンロードして閲覧する

IMAP = メールサーバー上のメールを閲覧する

といったイメージがわかりやすいでしょうか。

例えば、固定のPCだけでなくタブレットやスマホなど複数の端末でメールを確認する場合には、IMAPの方がいいなどと書かれている記述はよくありますね。

これ自体はたしかに間違いではないのですが、実際の利用上の結論からすると、別にPOP設定でも複数の端末からメールをチェックすることは可能ですし、便利な設定があるので、POP設定でも特別問題はなかったりします。

 

IMAP設定のデメリット

IMAPのデメリットとしては、メールがサーバー上に残りづづけるためメールの容量が増え続けていっぱいになってしまうということです。

容量がいっぱいになるなら削除すればいいという単純な話ですが、
IMAPの場合は、残しておきたいメールをサーバー上からだけ削除する処理が少しわかりにくく、残しておきたいメールを保存用のフォルダに移す定期的な作業が必要となるためか、この容量問題が生じています(もちろんIMAPの利用に詳しい人には関係のない話ですが)。

OUTLOOKを最初に設定する際のデフォルトのメール設定がIMAPになっていることも、最近このIMAPのメール削除問題が顕在化している大きな一因になっているのでしょうね。

じゃあどうすればいいのか?ですが、ここはひとつの解決方法として、もうIMAPは止めてPOPでメールを受信するという選択肢を説明します。

ちなみに、IMAPアカウントをPOP設定に変更することは不可、できません。

 

メール設定をIMAPからPOPに切り替える方法

作成したIMAPのメールアカウントをPOPに切り替えることはできないようです。

なので、新しくPOPのアカウントを作成し、その後にIMAPのアカウントを削除するという流れでいきます。

メールアカウントの新規作成をします。

注意すべきことは、さきほど書いたように、OUTLOOKのデフォルトの設定がIMAPになっているので、画面の下の方にある手動でのメール作成設定を選びます。

メール設定の手続きは割愛しますが、メールの受信設定を【IMAP】ではなく【POP】を選んでおくだけで、後はアカウント名やパスの設定は同じです。

※POPでのメール受信のポート番号は、メールサーバーの設定を確認してください。

 

POPのアカウントを作成後の注意点

 

POPのメールアカウントを作成後は、アカウントが重複しているので、IMAPの方のメールアカウントを削除します。サーバーに残っているメールデータは、POPのアカウント方で受信しておいてください。

※振り分けルールを再作成しなければならなくなりますので、ご注意ください。

OUTLOOKではなく、ファイルから直接送信(ファイルを右クリックして「送る」から送信)したメールが送信済みに保存されないという不具合が出た場合は、メールアカウント設定で、規定のアカウントおよび既定のメールデータの設定を確認してみてください(削除したIMAPのアカウントのpstファイルが規定になっている場合があります)。

また、一般的な対処法として、メールアカウントの修復も行ってみてください。

 

以上、ご参考になれば。

 

 

 


Adv.

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA