Thunderbirdのメールの保存先をCディスクからDディスクに変更

Thunderbird(サンダーバード)のメールの保存先はデフォルトではCディスク内になっています。

しかし、Cディスクなシステムディスクで何かと圧迫は避けたいので、Dディスクに変更する方法です。

理屈がわかれば実はめっちゃ簡単です、時間にして3分~5分でできちゃいますね。

Thunderbirdのメールの保存先をCディスクからDディスクに変更する方法

Thunderbirdメールの保存先の変更方法

1 Cディスクのプロファイルフォルダをコピー

thunderbirdの受信メールの保存先は下記になっています。このXXXXX.default~のフォルダを丸ごとコピーして、Ddiskの好きな場所に移してください。

C:\Users\AAAAAAA\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\XXXXX.default-release\Mail\YYYYYY

2 サンダーバードのメール保存先のアドレスを変更

サンダーバードを開いて、【サーバーの設定】からメッセージの保存先をコピー先の同名ファイルに変更する。自動的にthunderbirdの再起動になりますがこれで完了です。

移動先のアドレス例

D:\backup\thunderbird\XXXXXX.default-release\Mail\YYYYYY

これだけでメールの保存先をDディスクに変更完了です。

ポイントとしては、元のメッセージの保存先である

Mail\YYYYYY

※imapなら、ImapMail\YYYYYY

の名前を覚えておいて、ちゃんと同名のファイルを保存先で選ぶことです(複数のアカウントがある場合は注意のため)。

 

※元のファイルの削除

Dに移動変更が完了して、しばらく様子をみて問題なければCディスクので、Mail/ImapMailフォルダ内のメッセージ保存ファイルは削除しても大丈夫です。

心配なら別途バックアップをとってもいいかもしれません(すでにDにコピーも取ってありますが)。

 

 この記事の閲覧数:83 ビュー

コメント