IMAPでメールをサーバーから完全に削除する方法

メールの受信設定をPOPではなくIMAPにしている場合のメールの削除方法をお知らせします。

最近では、アウトルック(OUTLOOK)を最初に立ち上げてメールの設定をしてくいくと、デフォルトでIMAPの設定になったり、タブレットやスマホなどのメール設定はIMAPでしか設定できなくなったりしています(端末の容量が限られているのでメールを端末にダウンロードしないIMAPは、ある意味合理的な面もありますが)。

ちなみに、自分のメール設定がIMAPかPOPかは、メールアカウントの設定画面で確認できます。

【確認方法】

OUTLOOKなら、左上のリボンメニューの【ファイル】→【アカウントの設定】→【アカウントの設定】で、メールアカウントの種類がPOP/IMAPかの確認。

 

IMAPで受信したメールを完全に削除する方法

IMAPで受信したメールはサーバー上にあり、それをメールソフトで閲覧している状態になります。

受信メールは日ごとにたまっていき、膨大な量となっていきます。

そこで、不要なメールをメールサーバー上から削除する必要がでてきます。

1 不要なメールを選択し【削除】を選択します。

受信トレイにある不要なメールを選択し右クリックのメニューから【削除】。これは、簡単な話ですよね、でもこれで削除したと安心してはダメです、絶対!

2 削除済みアイテムから当該メールを完全に削除

削除したメールは、受信フォルダから【削除済みフォルダ】に移動します。この削除済みフォルダはメールサーバー上にあります。

つまり・・・、

削除したメールはまだ消えていないのです!!

削除済みフォルダを右クリックし、【フォルダを空にする】または、削除済みフォルダ内のメールを選択して右クリックし【削除】を選択しましょう。

これで完全にメールの削除ができます。

削除しましたよ!と言いながら、削除済みフォルダに鬼のような数のメールを貯めて、メールサーバーを無駄に圧迫してしまっている方も多いですね。ぜひIMAPでメールを使っている方は確認してみてくださいね!

※まあ、POPの場合も削除メールは一旦削除フォルダに移るのでIMAPと同じ流れになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント