Google検索とYahoo検索の利用比率

リスティング広告を出す際などに気になるのが、Google検索とYahoo検索の利用比率です。

下記は私が管理している家族向けレジャー施設のWEBサイトの直近6月のアクセス解析のデータになります。ユーザーローカルという会社の有料のアクセス解析を使用しています。

検索エンジン使用率

データを見ると、Google検索もYahoo検索もほぼ同じ程度の利用率と言えます。私の感想に過ぎませんが、インターネット歴が長い人はGoogle検索、それ以外はYahoo検索が多いと感じでいます。

実際に年配者のWEBアクセスが多いサイトの解析情報ではYahoo検索の使用率がGoogle検索の利用率より1~2割程度多いです(数字上)。

現状の結論としては、業種などにより多少の偏りがあるにしろ、Google検索とYahoo検索の利用割合はほぼ半々とみていいのではないでしょうか。

WEB検索広告での見極めとしては、両方に同じ内容の検索広告を出してみて両者の返り(コンバージョン結果など)を比較できればベストだと思います。

※両者の広告仕様の違い(エリア設定など)から、どちらかに絞った方いい場合も考えられます。

 

コメント