Google Apps Script (GAS)って何?

WEBの仕事をしていると、「Google Apps Scriptに上げてあるよ!」なんて言葉も飛び交うようになってきました。

最初は知らないので当然、「Google Apps Script 」って何よ?Google APIと違うの?なんて話になりますね。

 

「Google Apps Script」って何?

 

「Google Apps Script」は、GoogleがWEBで共有しているスクリプトのことです。その内実は、ほぼjs(java script)に近いですけどね。Google Apps Script の頭文字をとって、WEB技術者間では「GAS」と略して呼ばれたりもしています。

Google Apps Script

https://developers.google.com/apps-script

 

このGoogle Apps Script(以下GAS)ですが、何が便利かというと、Googleのクラウドでスクリプトを作成し、共有・編集などができ、さらにWEBアプリとして書き出せばGoogleのサーバー上のアプリとして使用することができるんですよね。

普通にWEBデザイン面だけの仕事をしていると具体的な使用法がピンとこないと思いますが、WEBサイトと外部アプリを連携させる場合に便利です。

また、GoogleのスプレッドシートのスクリプトはこのGASなので、スプレッドシートの項目をあれしてこれして何て処理にもよくつかわてr私はあまりつかってないのであれですが。

そして、Googleアカウントさえあてば誰でも無料で使えるという手軽さ。

公式トップからスクリプト編集画面への行き方がよくわからないけど、下記リンクで大丈夫かな?自分用にメモメモ。

https://script.google.com/

 

【GAS操作メモ】

 

https://script.google.com

●新規スクリプトの作成編集

→プロジェクトの作成

●スクリプトをWEBアプリとして書き出し

→【公開】→WEBアプリケーションとして導入

●WEBアプリ公開時の設定

・Who has access to the app:

自分のみ

全ユーザー:Googleユーザー(ログイン中)のこと?

anyone even anonymous :アプリを一般公開で利用する場合この設定で動きました。

 

 

 

 

 

 

Adv.

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA