Bingでも店舗情報を管理 Bing Places for Bussiness

Bing Places for Businessの管理

Bing Places for Bussiness

実店舗などのWEB情報を管理しているWEBデザイナーにとってはある意味悲報かもしれません、店舗情報の管理業務以につきGoogle My Businessだけでなく、Bing Places for Bussinessも加わりそうです。

「Bing Places for Business」とは、Bing検索で表示される店舗・ビジネスの詳細情報を管理するシステムになります。例えば、店名で検索すればPCだと右側に店舗の住所・営業時間などの情報が表示されますが、この場所のことです。要はGoogleMyBusinessと同じですね。

営業時間などは普通はそんなに変わらないので放置していても、勝手に正しい情報を掲載してくれるようなシステムなはずですが、コロナの影響で営業時間がイレギュラーに変わるため、こういった第三者の掲載するビジネス情報が間違っていることが増えています。

そのたま、店舗の管理者が直接情報を修正するという必要性がでてきているわけです。

 

Bing Places for Bussinessの管理方法

基本的には、アカウントを作成(マイクロソフトアカウントなどの転用可)して、ビジネス管理の申請をします。

幸いなことにGoogleMyBusinessとの連携ができるようなので、連携してしまえば、GoogleMyBusinessの管理だけで済みそうです。私も当然連携(管理ビジネスのインポート)をしましたが、それでも個々のビジネスごとに管理認証用のハガキが発送されるようなので、GoogleMyBusinessで管理権を持っていてもスムーズにはいかないのかもしれません。

現在、私も手続きの途中なので新店ありましたら、また追記していきます。

 

 

 

コメント